consultingりんくnet

カスタム注文住宅におまかせ下さい!

注文住宅の間取りのトレンド

注文住宅で夢のマイホームを建てる時に多くの人が悩むのが間取りをどうするかという点です。大体のところは最初に工務店や住宅メーカーの建築家の方が描いた間取り図を見せてもらい、それに色々検討を加えることになりますが自分の家なので施主としてしっかりと希望を伝えることがポイントです。この頃多いのがリビング階段や吹き抜け、キッチンにパントリーを設置したり、玄関にシューズクロークやペット関連の収納などを作ることなどです。気をつける点はせっかくの注文住宅だからとこれら流行のものを全部取り入れてしまわないことです。流行のものにはそれぞれ利点があるので本当に確実に自分たちの家庭に必要なものかどうかを検討して決めることが大事でしょう。予算の範囲内で自分たちの好きなリビングの形、キッチンの使い心地などを想像して実際に使用する頻度の高い家族が一番に考え、家族全員で相談して決めることが失敗しない理想の間取りの決め方です。

注文住宅は間取りにこだわる

注文住宅で新築住宅を建築する場合、本当に細部に至るまで思い通りにこだわりを詰め込めると思います。当然、誰しも新築建築に予算があるので、できることとできないことは分かれてくると思います。そんな注文住宅の間取りを考えるさい、いくつかのたたき台となるプランを建築士に作成してもらい、そこから詳細を決めていくという流れになります。そんなとき、やはり、一番多いプランが4LDKのオーソドックスな間取りだといえます。1階にLDKがあり、和室があり、2階に3つの洋室があるぷらんです。このプランは、現在の日本の風土によくあったプランといえるのかもしれません。核家族化が極端にすすみ、親世代と同居をする人が減り、自分たち夫婦と、さらに子供の3人~5人家族にとっては、4LDKは最適な建物だといえます。もちろん、注文住宅ですから、こだわりのプランで家を建てることも醍醐味ですが、リセールバリューをまでを考えると、あまり奇をてらった間取りはお勧めできません。

『住宅 間取り』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wl65zc9f/wellwellpatterns.com/madori.html on line 58

注目サイト

Last update:2016/4/28

copyright(c) 2015 「カスタム注文住宅」 all rights reserved.